プロフィール

茨城美少女図鑑

Author:茨城美少女図鑑
 茨城美少女図鑑とは「茨城の街に美少女を増やそう」という宣言の下に作られる、その街のリアルなファッション写真集です。

 高いクオリティでありながら、無料で配布するという過去に例を見ない媒体として全国、各方面から高い注目を浴びています。

 テレビ番組や新聞にも取り上げられ、発行から1週間で編集部にも在庫切れてしまう程の人気を誇る。市場に出回る事が短い事から「幻のフリーペーパー」としても知られている。 

 登場するモデルたちは、全て素人。その地元の普通の女の子たちを、地元ヘアメイク、カメラマン、ディレクターが、モデル級のクオリティに仕上げます。

 また、モデルさんだけではく、クリエイター、ロケ地も全て発行地の地元の街並み」にこだわっています。

 いつの日か、あなたも茨城美少女図鑑のモデルになる日も近いですよ!

 美少女モデルは自薦、他薦を問わず、随時募集しております。ご連絡ください。

 クリエイティブディレクターやカメラマンなど、その他協賛頂く企業様、地元の皆と共に茨城美少女図鑑で茨城を楽しく、元気に、クールにしていきたいです!

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


茨城美少女図鑑公式twitter
twitter @onotetsundo
茨城美少女図鑑プロデューサーtwitter
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

茨城美少女図鑑ブログQRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日23日茨城キッズ図鑑創刊です!

茨城美少女図鑑HPリニューアル↓↓↓
http://www.bishoujo-zukan.jp/ibaraki/


 15日創刊の茨城美少女図鑑の余韻がまだまだ冷めませんが、

明日23日には、

 茨城キッズ図鑑 × 753STYLE
 produced by 小野写真館


が創刊します!


 配布先は、

小野写真館をはじめとする、

アンシャンテ、ウェディングセレクトショップ水戸などの

小野写真館グループ各店舗の他に、

 水戸、ひたちなか市を中心にたくさんの店舗に

設置してあります。


 設置先情報は↓↓
http://www.kids-zukan.com/cn21/about.html


 総勢210名のキッズ達が登場しています!


皆モデルさんではない、茨城県の元気なキッズ達です!


 お楽しみに!



明日、明後日は東京に出張です。



 明日金曜日は、ソフトバンク孫社長と楽天三木谷社長の

夢の講演に当選しました。「国民の、ITによる、日本復活」です。

 本当に楽しみです。


明後日土曜日は、ネット関連のセミナーに参加します。


 24(土)は忙しい日ですが、どんどん新たな情報を取得して

更なる小野写真館グループ発展のために突っ走ります!




茨城美少女図鑑公式HP
http://www.bishoujo-zukan.jp/ibaraki/


茨城美少女図鑑公式mixiコミュニティはコチラから。
*美少女図鑑広告掲載などはinfo@enchante-wedding.comまで
匿名のメールには対応できませんのでご了承下さいませ。

*美少女モデルご希望の方はbj@tspcreate.comまで、
写真、お名前、連絡先、職業、メールアドレス、年齢をメールして下さい。
又、PCメールを受信可に設定して下さい。返信メールができませんので
詳細はコチラをクリックして下さい。

qrコードモデル募集
↑美少女モデル応募の方は、こちらに
写真、お名前、連絡先、職業、メールアドレス、年齢をメールして下さい。


茨城美少女図鑑プロデューサー


 「茨城美少女図鑑とは「茨城の街に美少女を増やそう」という
宣言の下に作られる街のリアルなファッション写真集です。

高いクオリティでありながら、無料で配布するという
過去に例を見ない媒体として全国から、各方面から注目を浴びています。

 発行してから1週間で市場から消えてしまう人気を誇り
「幻のフリーパーパー」として各地で人気沸騰中です。

発行日に、何としても手に入れたいファンが会社や学校を休む程の争奪戦。

 茨城在住のクリエイターが、普通の地元の女の子を
モデル級のクオリティに仕上げ、ロケ地なども全て、

 発行エリアである茨城の街並みにこだわり、
そういった「地元感」が各方面に受けています。」
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。